KOIKE 会社概要

沿革

概要

商号

小池酸素工業株式会社

創業年月日

1918年(大正7年)1015

設立年月日

1936年(昭和11年)128

資本金

402,847万円

代表者

代表取締役社長:小池 康洋

社員数

336名 ※(2017年3月31日時点)

株式上場

東京証券取引所 第二部(機械)

会社のあゆみ

1918年(大正7年)   10月

    [創業]現会社の前身として、東京市向島に小池製作所を設立。


■ 昭和4年1月   社員一同記念写真 ■

1936年(昭和11年)  12月

    [会社設立]法人組織に改め、商号を小池酸素株式会社とし、本社を東京都江戸川
    区平井4丁目1775番地に設置。

1937年(昭和12年)    6月

    商号を小池製作所と改称、本社を東京都江戸川区西小岩3丁目35番16号に移転。

1947年(昭和22年)    9月

    市川工場(気体酸素工場)    を千葉県市川市に新設。

1948年(昭和23年)    6月

    [現本社所在地]東京都墨田区太平3丁目4番8号に営業所を開設。


■ 小池酸素工業株式会社 本社(現在) ■

1951年(昭和26年)    4月

    ポータブル自動ガス切断機IK-12号の生産開始、販売と同時にヒット商品となり、
    現在世界一の機種と機能を持つ自動切断機シリーズの先駆けとなる。

1953年(昭和28年)    1月

    [現商号]小池酸素工業株式会社と改称。同時に大阪営業所を開設。

                             12月

    国産第一号の放電加工機を製作、その功績により第一回大河内記念賞を受賞。

1964年(昭和39年)    1月

    千葉アセチレン工場を千葉県市原市に新設。

1966年(昭和41年)    6月

    株式会社 東芝との共同開発により、国産第一号のNCガス切断機を完成。

1969年(昭和44年)   10月

    [株式上場]東京証券取引所第2部(機械)

1974年(昭和49年)    4月

    コイケアメリカ株式会社を米国イリノイ州シカゴに販売とアフターサービスの
    拠点として設立。(平成12年12月コイケアロンソン株式会社に統合)

1975年(昭和50年)    8月

    株式会社群馬コイケ(現・連結子会社) を群馬県伊勢崎市に設立。

1976年(昭和51年)    4月

    手持ち切断器なみの手軽さを持ち合わせた、半自動切断機「ハンディーオート」を
    製造販売する。

1980年(昭和55年)    4月

    世界に先駆けて、会話型ネスティングソフトを搭載した自動プログラミングシステム
    KAP-450を開発。

1981年(昭和56年)   12月

    世界初の酸素プラズマ切断システムを開発・製品化し、KPC-250Aとして販売。
    造船の生産性向上の武器として急速に普及する。

1982年(昭和57年)    5月

    コイケヨーロッパ・ビー・ブイ(現・連結子会社)をオランダ・北ホラント州に販売と
  アフターサービスの拠点として設立。


■ コイケヨーロッパ・ビー・ブイ ■

1983年(昭和58年)    8月

    国産第一号のレーザ発振器搭載NC切断機を製品化。高品質切断時代へ向けて
    本格的な体制を整える。

                             10月

    酸素専業メーカーとして、初めて笑気ガス製造プラントを群馬工場内に設置。

1984年(昭和59年)    6月

    CAD/CAM技術と薄板の酸素プラズマ切断技術を駆使した空調ダクト加工システム
    を日本で初めて製品化・販売する。
    ダクト業界に効率の良いダクト製造手段を提供する。

1985年(昭和60年)    8月

    溶接用大型治具専業メーカーのBOC社のアロンソン事業部を買収し、米国デラウェ
    ア州にケー・エヌ・アロンソン株式会社(現・コイケアロンソン株式会社・連結子会社) 
    を設立。
  生産工場をニューヨーク州に設置。米国における溶接用大型治具および切断機の
  現地生産拠点とする。


■ コイケアロンソン株式会社 ■

1988年(昭和63年)    8月

    コイケコリア・エンジニアリング株式会社(現・連結子会社)を韓国・慶尚北道に

    生産とアフターサービスの拠点として設立。


■ コイケコリア・エンジニアリング株式会社 ■

1992年(平成4年)    3月

    プラズマ切断時に発生する切断面の傾斜を解消できる高出力酸素プラズマ
    SUPER-400を開発する。高品質酸素プラズマ切断の先駆けとなる。
  コイケフランス有限会社(現・連結子会社)をフランス・ロレーヌ州に設立。

1993年(平成5年)    4月

    KOIKEテクノセンターを千葉市緑区(土気緑の森工業団地) に新設
    無人化工場の第一歩を踏み出す。


■ KOIKEテクノセンター ■

1994年(平成6年)    6月

    マグネットの吸着力を活用した軽量・強牽引力の溶接台車WELHANDYを開発・販売
    を行う。

                            11月

    ヘキストジャパンより燃焼式排ガス処理装置「ガーディアン」の販売権を購入。
    半導体・液晶分野の燃焼式除害装置トップメーカーへ。

1998年(平成10年)    1月

    KOIKEテクノセンターがISO 9001(品質マネジメントシステム) を取得。

2000年(平成12年)    1月

    一般都市ゴミ焼却灰溶融、感染性医療廃棄物溶融、放射性廃棄物減容固化を目的
    とした加熱溶融プラズマの開発および商品化に着手し、12月にV字アークプラズマ
    システムの発表会を開催。

2001年(平成13年)    6月

    多目的溶接台車WELHANDY-MULTIの製造販売を行う。

2002年(平成14年)    3月

    長年に亘るヒット商品「ハンディーオート」に自動点火装置を備えた「ハンディーオート
    プラス」を発表。

                              4月

    5kwレーザ発信器搭載NC切断機を発表し、レーザーによる厚板切断の安定化時代
    に入る。

                             10月

    小池酸素(唐山) 有限公司(現・連結子会社) を中国・河北省に設立。


■ 小池酸素(唐山) 有限公司 ■

2003年(平成15年)   11月

    小池酸素(唐山) 有限公司にて生産開始。

2005年(平成17年)    9月

    端面倣い開先切断機「IK-93 EDGE-CUT」を製造販売。鋼板端部のX開先処理を
    ワンパス(表開先、裏開先)で同時切断でき、また徹底した防熱対策で速度変動が
    なく、安定した高品質X開先切断が可能となる。

2006年(平成18年)    1月

    モーターを使わないバネ駆動方式を採用し、軽量・コンパクトで屋外の過酷な作業
    環境にも適したポータブル自動ガス切断機「IK-05 吊りピース切断機」製造販売。

                              4月

    高品質・高生産性を実現した究極のプラズマ切断機「SUPERGRAPH Zシリーズ」を
    製造販売。

    究極の発振器搭載型レーザ切断機「LAZERTEX Z series」を製造販売。各動作・
    機能の見直しを図り生産性を向上させた。

2007年(平成19年)    5月

    菅沼産業株式会社(平成28年4月東京酸商株式会社を吸収合併し、コイケ酸商株
    式会社(現・連結子会社)に改称)を株式取得により子会社化。

2008年(平成20年)   10月

    コイケエンジニアリング・ジャーマニー有限会社をドイツ・ヘッセン州に設立。

2009年(平成21年)    3月

    川口總合ガスセンター株式会社へ資本参加し、川口充填工場を閉鎖。

                              12月

    精機工場を千葉県千葉市(千葉土気緑の森工業団地)に移設、
    KOIKEテクノセンターと統合し土気工場と改称。

2011年(平成23年)    1月

    機械販売部・国際部および技術部を千葉県市川市から
    千葉県千葉市(千葉土気緑の森工業団地)に移設、土気工場を含めて全体を
    KOIKEテクノセンターと改称。

                               4月

    株式会社市川総合ガスセンターに充填・出荷業務を移管し、市川充填工場を閉鎖。

                               5月

    コイケイタリア有限会社(現・連結子会社)をイタリア・トレンティーノ・アルト・アディ
    ジェ州に設立。

                               7月

    コイケカッティングアンドウェルディング(インド)株式会社をインド・マハラシュトラ州に        設立。

                               10月

    コイケアロンソンブラジル有限会社(現・連結子会社)をブラジル・サンパウロ州に設立

2012年(平成24年)    11月

    コイケアロンソンビオンディ有限会社(平成25年12月コイケアロンソンブラジル有限
    会社を吸収合併、平成27年9月コイケアロンソンブラジル有限会社に改称)を
     株式取得により子会社化。

2013年(平成25年)    4月

    小池(唐山)商貿有限公司(現・連結子会社)を中国河北省に設立。

2016年(平成28年)    9月

    功池医療器械(上海)有限公司を中国上海市に設立。